金村産婦人科クリニック  
 
胎盤のことをプラセンタといいます。母親の体内で胎児と母体をつなぎ胎児を育てる臓器ですが、もともと女性の体に備わっているものではなく、受精卵が子宮内壁に着床して初めて作られる臓器であり、役目を終えると出産とともに母体外に排出される短期的な臓器です。
受精卵は、わずか10ヶ月の短期間に重さ約3kgもある赤ちゃんへと成長しますが、この驚異的な生命を育むのが胎盤の役割です。

胎盤は単に養分を供給、排泄するだけでなく、もっと多面的に総合的に成長を促進し、免疫防御システムを調節、活性化する作用を備えています。
その胎盤からつくられたプラセンタエキスは各種栄養素や生理活性物質を蓄えており、本来生命がもっている総合的な力があると考えられます。

 

 

 

更年期障害による諸症状の改善(のぼせ・冷え・不眠・イライラ感・頭痛・疲労・肩こり・腰痛など)また、産後乳汁分泌が少ない方の治療に使われます。

プラセンタを注射すると、全身の細胞が活性化され、「細胞レベルの若返り」が期待できます。
具体的な効果としては「肌がきれいになった」「シミが薄くなった」「疲れがたまらなくなった」
などが挙げられます。
それは以下の成分が含まれているからです。
  
アミノ酸
ビタミン群 ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、 ビタミンD、
  ビタミンEなど)
ミネラル(カルシウム、ナトリウム、リン、カリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄など)
糖類
酵素
核酸
タンパク質
脂質
脂肪酸
コラーゲン
ヒアルロン酸
グロースファクターなど

 

 

 

何回接種すれば効きますか?
 
その方の症状や病歴などで異なりますが、大体2〜3回の治療で、効果が実感できるようになります。
はじめから効果がなくても、6回は行ってみる事をおすすめします。
どの位の間隔で治療を受ければいいですか?
 
1週間に、1〜2回程度です。その方により注射の量や回数は異なりますので、
医師にご相談下さい。
ずっと治療していても大丈夫ですか?
 
この療法を何十年も続けている方はおりますが、副作用の報告はありません。
極端に言えば、一生毎日注射していても副作用はありません。けれども興奮剤や、ステロイド剤と違い必要以上に元気になる事はありません。

悪い部分を補い、体を調節するものなので、必要以上治療を行っても意味がありません。また治療当初にある程度集中的に治療を受け、症状が改善されたら徐々に治療を減らすようにした方が良いとされています。
費用はどのくらいかかりますか?
 
更年期障害、乳汁分泌不全の場合は保険の適用となりますが、これ以外の症状に対しては、自費治療となります。
安全性については心配ありませんか?
 
胎盤1つずつについて、核酸増幅検査を実施し、HBV・HCV・HIV陰性であることが
確認された安全な胎盤を原料としています。
さらに、製造の最終段階に121℃30分間の高圧蒸気滅菌を実施しており、ウイルス・細菌の感染防止対策をとっております。
これまで、本剤によると思われるウイルス感染の発生報告はありません。

プラセンタは、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)の感染を防ぐため、胎盤を
提供してくださる方に対してBSEが流行した英仏などへの海外渡航歴について問診を実施しております。問診の結果問題のある方の胎盤は原料として使用していません。
さらに、製造工程におきまして、塩酸による高熱の加水分解を実施しています。これによりホルモン及び、タンパク質は分解されています。これまで、本剤によるvCJDの感染報告はありません。しかしながら、理論的なvCJD等の伝播の危険性を完全に否定できません。
このため、人胎盤由来医薬品の使用者は、献血を控えることが求められいます。
副作用はありますか?
 
注射部位の疼痛、発赤等や他の薬剤と同様、アレルギーなどの可能性は、ゼロではありません。

 

 
 

HOME | ご挨拶 | 診察のご案内 | 施設案内 | 入院から退院まで | お母さん教室 | アクセス | 求人情報

Copyright c 2008 Kanemura sanfujinka All Rights Reserved.